総量規制対象外のキャッシングで調べておくべきこと

総量規制とは借り入れる人の年収の三分の一を超える額を借り入れることができないというルールですが、借入れたお金の利用目的によっては総量規制と言われているものではない融資となります。具体的に総量規制対象外となるものには、家、車、医療費、その他資産、緊急の必要性のあるものなどがあげられます。
年収の三分の一を超える額を借り入れたい場合には、当然自分の借り入れ目的が総量規制対象外かどうかを調べる必要があります。また総量規制は、複数個所で借入れれば回避できるというものではないので、総量規制対象であればどうしても三分の一を超えることはできません。その理由は、個人情報の信用機関で個人の借り入れ状況が一括管理されているためです。銀行にしても消費者金融にしても同じように個人情報が把握されることになります。
また銀行でのキャッシングの方が一般的に消費者金融よりも審査に掛かる時間も長く基準も厳しいので、キャッシングが難しそうであれば消費者金融を検討するのが良いです。しかし審査が緩い分金利が高いです。
総量規制が導入されたのは2010年ですが、この背景には債務の返済ができなくて破産する人が相次いだことや、不景気によって銀行が貸し渋っていることなどがあげられます。銀行や消費者金融はこの総量規制を無視して貸し出しを行うと行政処分を受けることになります。銀行系のカードローンは総量規制対象外なので、年収の三分の一を超えて借り入れることができます。